男性ホルモン治療

精力が30歳を過ぎたころから衰えるのは男性ホルモンの分泌量が減少するからだと
いわれています。男性ホルモンの分泌量のピークは20代です。

なので20代はとても精力が強いのです。男性ホルモンの強さには個人差がありますが
俗に男性ホルモンが強い男性のほうが精力が強いといわれています。

男性ホルモンが減少してくと精力が衰えるのならば、逆にいえば男性ホルモンの
分泌量を増やすことができれば、精力を回復させることも可能なのです。

男性ホルモンの分泌を促す成分にアルギニンがあります。
アルギニンはアミノ酸の一種です。体内で生成することが可能ですが、必要量には
達しない為、外部からの摂取が必要な準必須アミノ酸に分類されます。

そんなアルギニンを多く含んでいるものを摂取することができれば、
男性ホルモンは増やす事ができるのです。

アルギニンはサプリメントや精力剤などにもよく含まれています。
効率よく摂取したい場合には、これらを使用するのもひとつの方法だと思います。

また男性ホルモンは、筋肉量を維持する役割もあります。
なので筋肉トレーニングなどで、筋肉量を増やせば男性ホルモンの量も
増えると言われているのです。

中高年の男性が筋肉が衰えているのは、そのためなんですね。

ED治療薬ED治療薬の使用説明書